アプソルシンの副作用はなく安全です!過剰摂取やアレルギーには気を付けよう

ハート

 

アプソルシンはサプリメントなので、医薬品のような重大な副作用の症状が現れる恐れはありません。

 

但し過剰摂取には気を付けて下さい。必要以上に大量に摂取することで、予期せぬ悪影響を及ぼす恐れがあるためです。

 

もちろん普通に飲んでいれば副作用の心配は全くないので安心して下さい^^

 

 

〜先着500名限定プレゼント企画〜

3箱+1箱無料キャンペーン実施中!

 

※キャンペーンが終了次第、リンク先がエラー表示になります

 

 

 

配合成分の副作用の有無・安全性

アプソルシンの45種類の配合成分

 

アプソルシンに配合されている成分は全て安全性が確認されています。

 

サプリメントに分類されている商品なので、重大な副作用の症状が現れる心配もありません。

 

ここでは主な配合成分の副作用の有無や安全性に関して解説します。

 

【主な配合成分】
L-シトルリン、亜鉛、L-アルギニン、熟成黒ニンニク、発酵黒マカ、リコピン、レスベラトロール、レッドビート、バイオペリン

 

 

L-シトルリンの安全性

L-シトルリンはアミノ酸の一種で、スイカなどのウリ科の植物に多く含まれている成分です。

 

天然由来の成分なので、安全性は高いです。

 

1日の摂取目安量も設定されておらず、過剰摂取による副作用の心配もありません。

 

但しL-シトルリンのサプリメントを摂取した方の中には胃腸の不快感が現れたケースも報告されています。

 

 

 

亜鉛の安全性

亜鉛はミネラルの一種で、タンパク質の合成や男性ホルモンの代謝などの働きを担っています。

 

人間の身体を健康に機能させるために重要な栄養素なので、安全性は高いです。

 

 

過剰摂取は要注意です

しかし亜鉛の過剰摂取には気を付けて下さい。

 

一度に大量の亜鉛を摂取すると、急性亜鉛中毒になり、めまいや吐き気、胃障害などの症状が現れる恐れがあります。

 

成人男性の場合は1日あたり40mg以上の摂取は控えましょう。

 

日頃の食事が原因で亜鉛の過剰摂取になる心配はありませんが、サプリメントで摂取する場倍は1日の摂取目安量を守るようにして下さい。

 

 

 

L-アルギニンの安全性

L-アルギニンはアミノ酸の一種で、肉類や大豆、エビ、マグロなどの食材に豊富に含まれています。

 

一般的な食材に含まれている成分なので、安全性は高いです。

 

 

過剰摂取に気を付けよう

L-アルギニンの上限摂取量は1日に15,000〜21,000mg程度です。

 

それ以上のL-アルギニンを摂取すると、肝臓や腎臓に大きな負担がかかることが指摘されています。

 

アプソルシンに配合されているL-アルギニンは1日あたり300mgなので、過剰摂取になることはまずありません。

 

 

 

熟成黒ニンニクの安全性

ニンニクは普段から摂取している食材なので、副作用の心配はありません。

 

しかし、生の状態で摂取すると、胃腸が荒れたり下痢になったり、腸内の悪玉菌と一緒に善玉菌も殺してしまう恐れがあります。

 

このような症状が現れるのはニンニクに含まれているアリシンが主な原因です。

 

 

熟成黒ニンニクはアリシンが少ない

アプソルシンに配合されているのは通常の白ニンニクではなく、熟成黒ニンニクです。

 

ニンニクを熟成する過程でアリシンが-アリルシステインに変換していきます。

 

アリシン自体が大幅に減少していくので、上記のような症状が現れる恐れはなくなるので安心して下さい。

 

そのため、一般的なニンニクよりも刺激が少なく、お腹が弱い人でも安心して摂取することができます。

 

 

 

発酵黒マカの安全性

マカはアブラナ科の植物で、大根やカブなどと同じ仲間です。

 

古くから食されてきた歴史があり、現在も世界中の方々からスーパーフードとして人気を集めています。

 

サプリメントや栄養ドリンクなどにも配合されています。

 

もちろんマカが原因で健康被害を受けたという報告もありません。

 

アプソルシンのように発酵させた黒マカを摂取した場合でも安全性は高いですね。

 

 

 

リコピンの安全性

リコピンはカロテン類に属している栄養素で、トマトやスイカなどに含まれています。

 

抗酸化作用に優れていて、体内で増加した活性酸素を除去してくれる働きがあります。

 

その結果、生活習慣病や老化の原因を改善してくれます。

 

リコピンは普段私たちが食べている野菜や果物にも含まれているので副作用の心配はありません。

 

過剰摂取した場合の健康被害も報告されていません。

 

【参考文献】
「健康食品のすべて-ナチュラルメディシンデータベース-」田中平三 同文書院

 

 

レスベラトロールの安全性

レスベラトロールはポリフェノールの一種で、サンタベリーやブドウなどの果実に含まれている栄養素です。

 

私たちが普段食べている果実に含まれている点やさまざまなサプリメントにも配合されている点などから安全性が高いと言えます。

 

実際にレスベラトロールを摂取したことが原因と考えられる健康被害も報告されていません。

 

【参考文献】
「最新医療が明かす長寿遺伝子活性成分 レスベラトロールの秘密」物栄養素DBフィトス監修 株式会社カンゼン

 

 

レッドビートの安全性

レッドビートはアカザ科に属する植物で、ホウレンソウやテンサイなどと同じ仲間に分類されます。

 

日本ではあまり馴染みがないですが、ヨーロッパなどでは料理やジュースなどに使われています。

 

最近では健康意識が高い人達から注目を集めています。

 

レッドビートを摂取することで体調に異変が現れたり、副作用の心配もないので安心して摂取して下さい。

 

たくさん摂取することで尿が赤くなることがありますが、健康への影響はありません。

 

アプソルシンに含まれているレッドビートの量自体もそこまで多くはありません。

 

 

バイオペリンの安全性

バイオペリンは黒コショウに含まれているピペリンから抽出される成分です。

 

黒コショウに含まれているということで副作用の心配もなく、安全性が高いです。

 

ピペリン自体は刺激物なので、一度に大量に摂取すると胃や腸に負担がかかって炎症を起こす恐れがあります。

 

アプソルシンの主要成分はL-シトルリンで、バイオペリンの含有量は少ないので、そのような症状が現れる心配はありません。

 

バイオペリンの安全性に関しては、さまざまな臨床試験によって裏付けされています。

 

 

〜先着500名限定プレゼント企画〜

3箱+1箱無料キャンペーン実施中!

 

 

 

食物アレルギーがある場合は成分表をチェック

検査結果

 

上述しているようにアプソルシンは安全性が確認されている成分のみで作られていますが、食物アレルギーがある場合は注意して下さい。

 

事前にアプソルシンに配合されている成分表を確認して、アレルギーに該当している成分が含まれていないことをチェックしてから摂取しましょう。

 

食物アレルギーは鶏卵や牛乳、小麦などが主な原因ですが、果物やピーナッツ、そば、甲殻類(エビやカニ)などでもアレルギーを発症するケースがあります。

 

アプソルシンには天然由来成分が中心で、植物(果物など)も配合されています。

 

【原材料・成分一覧】
L-シトルリン、亜鉛酵母、発酵黒ニンニクパウダー、ビートジュースパウダー、発酵黒マカペースト、葡萄抽 出物、黒コショウ抽出物、マカ粉末、ムクナ粉末、アカガウクルア粉末、デキストリン、エゾウコギエキス末、 アメリカ人参粉末、セレン含有酵母、韮種粉末、ウミヘビ粉末、赤マムシ粉末、冬虫夏草菌糸体、ジン ジャーエキス末、フィッシュコラーゲン、蟻粉末、スッポンエキス末、酵母リボ核酸、DNA-na、タツノオトシゴ エキス末、ヒハツ抽出物/ゼラチン、L-アルギニン、結晶セルロース、着色料、トマト色素、ビタミン C、シクロ デキストリン、ビタミン E、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミン B1、ビタミン B2、ビタミン B6、ビタミ ン A、イノシトール、葉酸、ビタミン D、ビタミン B12

 

 

主なアレルギーの症状

食物アレルギーの症状はさまざまですが、主な症状は下記のとおりです。

 

皮膚 痒み、蕁麻疹(じんましん)、むくみ、赤み、湿疹
粘膜 目(充血、痒み、むくみ、涙)、鼻(鼻水、くしゃみ、鼻づまり)、口周り(腫れ、喉の痒み・イガイガ感)
呼吸器 喉の締め付け感、喉のむくみ、咳(せき)、ぜん鳴(ヒューヒュー)
消化器 腹痛、嘔吐、下痢、吐き気、血便
全身 アナフィラキシー(複数の症状が重なる)、脈が速くなる、アナフィラキシーショック(血圧低下)

 

 

 

病院で診断できます

食物アレルギーがあるかどうか分からない場合や気になる場合は病院で診察を受けてはどうでしょうか?

 

病院で問診や必要な検査などを受けることで、食物アレルギーを持っているかどうかが判明します。

 

主なアレルギー検査としては血液検査や皮膚テスト、食物経口負荷試験などが挙げられます。

 

血液検査

採取した血液から個別のアレルゲンのIgE抗体を測定します。

 

特定の食物に対するIgE抗体数値が高い場合は、その食物のアレルギーの可能性が高いと判断されます。

 

 

皮膚テスト

ブリックテストと呼ばれていて、基本的には赤ちゃんに対して行われます。

 

アレルゲンと疑われる食材を腕の内側に1滴ほど塗布して、針で皮膚を少し傷つけます。

 

そして、赤く腫れたら陽性と判断されます。

 

 

食物経口負荷試験

医師の指導に基づいてアレルギーが疑われる食物を実際に食べて症状の有無を診断します。

 

重篤な症状が現れる恐れもあるので、少しずつ時間をかけて摂取していきます。

 

 

〜先着500名限定プレゼント企画〜

3箱+1箱無料キャンペーン実施中!

 

 

 

医薬品との飲み合わせは注意しよう

医薬品

 

アプソルシンは重大な副作用が現れない増大サプリですが、医薬品との飲み合わせには少し気を付けましょう。

 

一般的な風邪薬なら問題ないですが、特殊な薬を服用している場合は万が一のために担当の医師に相談してから摂取するようにしましょう。

 

 

血管・血圧関連の薬は要注意です

特に注意してもらいたいのが血管・血圧関連の薬を服用している場合です。

 

アプソルシンには血流改善作用がある成分がたくさん配合されています。

 

具体的にはL-シトルリンやL-アルギニン、リコピン、レスベラトロールなどが挙げられます。

 

服用している医薬品の作用をより高めたり、逆に抑えてしまうなどの恐れがあり、身体に悪影響を及ぼすリスクが高まります。

 

もしあなたが血管・血圧関連の薬を服用しているのであれば、アプソルシンを摂取する前に担当の医師に相談することをおすすめします。

 

 

 

安心!GMP認定の国内工場で製造しているサプリです

アプソルシンが製造されている工場風景

 

アプソルシンでは購入者が安心して使用できるように、製造工程の全てを国内工場で製造しています。

 

さらに一般的な国内工場ではなく、GMP認定を受けている工場に委託しています。

 

GMP(Good Manufacturing Practice)認定とは原材料の受け入れから製造、出荷するまでの全てのプロセスにおいて、製品が安全に作られて一定の品質が保たれると認定された工場に付与されます。

 

その工場ではなく第三者機関が認定する仕組みになっているので、客観的に製造管理体制が整っていることが証明されています。

 

全ての製造プロセスにおいて、しっかりとした管理体制が整っているので安心ですね。

 

 

 

海外工場に委託しているサプリもあります

安価なサプリメントの中には製造コストを低く抑えるために海外工場に委託しているメーカーも存在します。

 

低コストで製造できる一方で、製造管理体制が杜撰(ずさん)な工場の場合はサプリメントの中に異物や不純物が混入するリスクが高まります。

 

実際に中国などの海外工場に委託した商品の中には不良品によるトラブルも報告されています。

 

サプリメントの場合は直接口に入れて摂取するタイプの商品なので、不良品などが混入するリスクは極力避けたいですよね?

 

アプソルシンならそのようなリスクが限りなくゼロに近づけることができるので、安心して体内に摂取することができます。

 

 



⇒ アプソルシンの購入はこちらから